FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by mg on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼飯争奪戦 (Ranma)

Posted by mg on 17.2011 小説   0 comments   0 trackback
東京都練馬区公立高橋学園男子高等学校
一年六組32番 響 良牙
彼は、この学園一の購買部王である。
たくさんの男の群れを踏みつけ、掻い潜り、自分の獲物を次々と獲得していく。
超ウルトラ級の方向音痴を除けば、文武両道な男前。
男子校であるがゆえに、その池麺な姿を発揮できちゃいないが。

そんな彼を人は「迷子のイエローキング」

と呼ぶはずだった。


 響良牙が入学して1ヶ月。上級生を凌ぐ購買ファイターがいるという噂が定着し始めた頃。
同じ学年にまさかの転校生がやってきた。
響良牙とはクラスが違うものの、その存在感はとんでもなく大きかった。

それが、響良牙の最大にして最高、そして永遠のライバル、早乙女乱馬である。

まぁ、予想つくよね。うん。


二年三組 12番 早乙女 乱馬

長い黒髪を後ろに一括り。暑いのか、学ランを腕まくり。
凡人とは違うオーラといいますか。なんというかスター性?が既に備わっていたのである。

そんな早乙女乱馬が現、購買王。迷子のイエローキング(予定)を負かすのは一瞬であった。


 五月上旬、やはり大混雑、妖怪大戦争のような戦場に響良牙が乗り込み、今日も元気にワカメパンげーーーーーっt・・・あれ。

という感じでその手にあるはずだったワカメパンが無い。おかしいと思った響良牙。
もう一つのワカメパンが購買のおばちゃんの手によって綺麗な弧を描く。
もう一度チャレンジを試みる。とりあえずゲット。

次々と数種類のパンが飛び交い、次の獲物が再び舞う。
次に狙うはカレーパンなり。

「そのカレーパンもらったあああ!!」

さっき一発で取れなかった分、張り切って奪い取りに出陣した響良牙。

しかし、謎の現象再び。さっきと違うのは、しっかりつかんだ感触があったのにもかかわらず、手元から消えうせたカレーパンと、足首、背中、頭に受けた衝撃。

ふりむけば、そこにいたのは とんっでもないドヤ顔をかましている、見慣れぬ輩。
見慣れぬって言っても、この学校のほとんどの人が知らないであろうが、とにかく長髪のなめきった顔の奴だった。

「貴様、名を名乗れ!!」
「早乙女乱馬」
「早乙女乱馬、カレーパンの恨み忘れんぞ。」

その一瞬のできごとは、瞬く間に全校内に広まっていった。
『あの響良牙が涙を流して逃げた』
『一人の転校生が響良牙を締め上げた』
『響良牙が同じ一年相手に負けて複雑骨折で入院した』

響良牙が早乙女乱馬に初めて恨みを抱いたその日から彼は三日ほど迷子になっていたため、噂は更に尾ひれを付けて流されるままだった。

「くそっ!!あんな変な頭した奴に負けるなど言語道断。果し合いだ!!」

と意気込んで挑戦状を殴り書き。それでも綺麗な字を書く響良牙である。
それを再び購買で見つけた早乙女乱馬にたたきつけた。パンにはちっとも目にくれず。

イエローキング、再び踊りでるか否か。

「果たし状・・・。お前古風だな。」
「うるさい!!日付は二週間後の日曜。三丁目の空き地だ。時間は正午きっかり。いいな」
「二週間後な。わあったよ。じゃなっ」

そう言って立ち去った早乙女乱馬。響良牙の拳は、とてつもなく震えていたのだった。


それからの二週間。彼は猛特訓に励んだ。鉛の靴、鉛のリストバンド、鉛の学ランのボタンなど。大分古風なのは彼の特徴だろう。登校は道頑張っても3時間はかかるので、ランニングは必要とはならない。(本来なら15分の距離)
しかし、その手には常にクルミが握られていた。

猛特訓の裏では、響良牙にとって更に屈辱的なものが多々あった。

たまたま一時間で家にたどり着くことが出来た響良牙は、玄関先で早乙女乱馬と遭遇。
それ以来、響良牙が迷子になっているところに出くわせば、早乙女乱馬は迷子を家まで送り届けるようになっていた。

負けた上に送ってもらう。こんな屈辱他には無い。
家に帰れる代わりに悔しさを味わっていた。

しかし、それも今日までと、おもむろに立ち上がる響良牙。
本日5月中旬。約束の日曜午前9時。
三時間あればたどり着く。そう考えた彼は、9時になるや否や、颯爽と家を飛び出した。

しかし、三時間どころか、3日かかってもたどり着くことが出来なかったイエローキング。

たどり着いた4日目。果たし状の相手は、既に新たな旅えと出発していたのである。

勝ち逃げ・・・そんな甘ったれたこと、許されん。

という極度の負けず嫌い精神で、その彼を追いかけた響良牙。

その日から、響良牙のスター性が開花していくのであった。


 その後、恨みの根源がパンでなくなるが、それはそれ。これはこれ。な響良牙だった。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ooringo2.blog38.fc2.com/tb.php/100-ab2ff94c

Welcome

ようこそ るみにうむへ ここでは、私mgの日常、るーみっく的欲求を書きつづったブログサイトにございます。 詳細は、FIRSTからどうぞ(^^)

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Menu

○First ○Profile ○Text ○Link

一応pixivやってます。 twitter/@mg_ran523

質問しりーず

早乙女乱馬好きに20の質問 これからできる限り増やしますd☆

MAILFOAM

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。