FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by mg on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い輪 0

Posted by mg on 17.2012 小説   0 comments   0 trackback
  夢へと導かれし赤魂赤魂惹かれる光
    緑の巫女なりその力触れ合う事なかれ
      なれば黒き闇が再び降りかからん

               「かごめ・・・」

                            え?



 気が付けば朝。まだ夜が明けて間もない頃だろう。目の前にいるのは、長い道のりを経て、ようやく結ばれた我が許婚の姿。
 武闘家にあるまじき寝顔は、なかなか整っていて、普段も寝ていればかっこ良いのに。とか思えるほどである。


もぞもぞと動いてしまった所為か、彼が起きてしまった。んん~と寝ぼけながら、あたしの腰を自身に引き寄せる。

「おはようございます。」
「・・・おはよ。」

お互いの姿に、お互いの顔は真っ赤である。当たり前だろう。
昨日の夜、世間一般でいう初体験をしたのだから。その姿は生まれた時の姿そのものである。

「今・・・何時・・・?」

いつもより、うんと甘えた声色をした彼は小さな子のようで母性?をくすぐられた。

「うーんと5時過ぎ。」

一応武闘家の家。朝は早いので、あたしはそろそろ自分の部屋に戻らなくてはならない。

乱馬に部屋が与えられて、乱馬の部屋で過ごす事が多くなった最近。すっかり乱馬の匂いが付いたこの部屋は、あたしにとってとても心地よくて部屋から出るのが惜しい気もする。が、そんな事も言ってられない。そろそろ、みんなも起きてくる。

「学校・・・支度しなくちゃ。」
「もーちよっと。」
「だーめ。あっ」

 起き上がろうとした瞬間に走る、下腹部に残った鈍痛。噂には聞いていたけど、予想以上だった。
 乱馬が心配してくれた中、頑張ってはい起きて支度を始めた。
 生理痛にはあまり悩まされない方のあたしにとって、結構辛いものだったけれど、武闘家としてこれくらいの痛みに耐えられなくてどうする!!という意地で一日を乗り切る事にした。

 朝食を終え、早乙女の叔母様のわかり切った顔と、なびきお姉ちゃんの怪しい目つきに追いやられるようにして家を出た。
 
 そういえば、困ったことに今日は体育の授業がある。
着替え・・・。きっと、どっかしらにつけていると思われる彼の痕跡。
下手に隠すとばれちゃうのよね。なんでだろう。
まぁ、何とかなるよねっ


今日も一日学校である。


つづく


0です。1でもないです。
数字って事は続きます。がんばります。
タイトルは相変わらず適当です。
妄想が続く限り頑張ります。

出だしで、わかってしまうかもねww
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ooringo2.blog38.fc2.com/tb.php/118-a889ff81

Welcome

ようこそ るみにうむへ ここでは、私mgの日常、るーみっく的欲求を書きつづったブログサイトにございます。 詳細は、FIRSTからどうぞ(^^)

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Menu

○First ○Profile ○Text ○Link

一応pixivやってます。 twitter/@mg_ran523

質問しりーず

早乙女乱馬好きに20の質問 これからできる限り増やしますd☆

MAILFOAM

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。